広い宇宙の片隅に、地球とよく似た生物が住める星があった。

 

その星の名は、「フェアリー・スター」。

 

フェアリー・スターは、地球の10分の1の大きさながら、

緑と水に恵まれ、人口1億人の生物が住むのに適した星であった。

 

そして、地球の周りを月が回っているように、

フェアリー・スターの周りを「デビル・スター」という衛星が回っていた。

 

しかし、デビル・スターは、フェアリー・スターとは対称的に

劣悪な環境で、とても生物が住めるような星ではなかった。

 

その衛星の性質を活かし、フェアリー・スターで罪を犯し、

更生不可能と判断された者は、囚人としてロケットでデビル・スターへ送られ、

その殆どが、その環境に耐えられず、死に絶えるのであった。

 

この天然の牢獄の恐怖のおかげで、

フェアリー・スターの治安は、かろうじて守られていた。

 

しかし、このような劣悪な環境でも

強靭な体力と精神力、適応力を持った者は、生き延びて、

更には、宇宙から降り注ぐフレアーと呼ばれる特殊な光線を浴びて、

強大な魔力を身に付けるのであった。

 

そして、250年に1度、フェアリー・スターとデビル・スターは、

ぶつかるぐらい接近する事となる。

 

その最も接近した時を狙って、デビル・スターに送られた囚人達が

フェアリー・スターに戻って来る事になり、強大な魔力を持った囚人達によって

フェアリー・スターに甚大な被害が出る事となる。

 

それを阻止しようと考えた科学者達は、

囚人達に対抗出来る無敵のコスチュームを開発し、

そのコスチュームを着た1人の少女によって、次々と囚人達は倒され、

フェアリー・スターに平和が戻る事となる。

 

しかし、あの悲劇から250年が経った今、

再びフェアリー・スターに、あの悪夢が甦ろうとしていた・・・。