メグミメグミ

それにしても、昨日の夢といい、朝の事といい、

不思議な出来事だったわ。

今日も、あの2人に会えるような気がするわ。

メグミは眠りについた。

 

すると、どこからともなく由衣と由夏の声が聞こえる。

 

メグミメグミ

やっぱり、また会えたわね。

でも、朝は本当に驚いたわ。

由夏由夏

私が、変身を解除したの。

どう?メグミ。

このフェアリー・スターを救ってくれる?

メグミメグミ

でも、何故、私に?

私じゃないと駄目なの?

フェアリー・スター星人なんていっぱい居るのに・・・。

由衣由衣

そう、みさとりんは誰でも変身出来る訳ではないの。

メグミ、あなたは「みさとりん」の後継者に選ばれたのよ。

今、フェアリー・スターで最も「みさとりん」にふさわしい者よ。

メグミメグミ

そんな風に言われると照れ臭いな~。

メグミは、右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

メグミメグミ

「みさとりん」って?

由夏由夏

250年前、この世界を

「魔星(ませい)」と呼ばれる凶悪犯達から救った救世主よ。

由衣由衣

あなたに次の「みさとりん」になってもらい、

このフェアリー・スターを救ってもらいたいの。

メグミメグミ

みさとりんに変身すれば魔星を退治出来るの?

由夏由夏

ええ、もちろん。

魔星なんて敵ではないわ。

メグミメグミ

じゃ、やってみようかな~。

由衣由衣

じゃ、変身してみて。

メグミメグミ

コスチューム・プレイ。

メグミは、みさとりんに変身した。

 

みさとりんみさとりん

でも、この格好、ちょっと恥ずかしいわ。

慣れるのに時間がかかりそうだわ。

由夏由夏

何を言っているの。

よく似合うわよ。

みさとりんみさとりん

エヘヘ・・・。

嫌だ、由夏ったら。

照れ臭いじゃない。

みさとりんとなったメグミは、照れ臭そうに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

みさとりんみさとりん

でも、私は普段ズボンしか履かないからスカートは苦手だわ。

それに、だいぶ短いし・・・。

スカートの裾を手袋をした両手でつかみ、膝を隠そうとする。

 

みさとりんみさとりん

この上着はセーラー服みたいね。

来年、私は中学生だけど、1年早くセーラー服が着れたようね。

ブーツは、大人になってから履くものだと

思っていたから、ビックリだわ。

小学生でブーツを履く子って私ぐらいじゃないのかな~。

手袋も普段しないし、マントは当然、初めてよね~。

由衣由衣

みさとりんのピンクのカチューシャと

水色のポニーテール用のリボンは意味があるの。

みさとりんみさとりん

カチューシャが可愛いわね。

髪を結ってポニーテールにする為のリボンも可愛いな~。

バスケットのユニフォームだとリボンしかしないわ。

それと、変身後は、お化粧をしているわね。

アイシャドーにファンデーション、口紅と

小学生の私にしては、早過ぎるものばかりだわ。

由夏由夏

それだけじゃないわ。

手と足の爪にもマニキュアが塗ってあるのよ。

メグミは手袋を脱いで指の爪を見た。

 

みさとりんみさとりん

綺麗、赤のマニキュアでオシャレね。

でも、足の爪は今は見なくていいわ。

2人の前でブーツを脱ぎたくないし・・・。

顔を赤くし、手袋をした右手の人差し指で鼻の下を軽くこする。

 

みさとりんみさとりん

イヤリングも綺麗だし、ポシェットも可愛いわ。

でも、この中で1番気になるのが、やっぱり仮面よね。

この仮面って、最初は鏡を見るまで

着けている事さえ分からなかったわ。

だって全く視界の妨げにならないんだもの。

由夏由夏

こんな可愛い素顔を仮面で隠すなんて勿体無いわね。

みさとりんみさとりん

いや~ん、由夏ったら。

照れ臭いじゃない。

みさとりんは、照れ臭そうに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

みさとりんみさとりん

でも、仮面で素顔を隠すって事は正体がバレては駄目って事ね。

普段バスケばかりやってて、お転婆な私だけど、

みさとりんに変身した時ぐらいは女らしくお淑やかにしたいな~。

由夏由夏

でも、みさとりんに変身した時は、お嬢様みたいじゃない。

みさとりんみさとりん

そう?

照れ臭そうに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

そうしている間に目覚まし時計が鳴り、現実の世界へと戻る時がやって来た。

 

みさとりんみさとりん

あっ、もう起きる時間だわ。

由衣由衣

明日、家へ帰ったら自分の部屋で待っていて。

私達が迎えに行くから。

今度は夢ではなく本当に・・・。