アンチ派Aアンチ派A

毎日のように投稿される動画を見ていて思うけど、

みさとりんって、本当によく鼻の下をこするよね~。

アンチ派Bアンチ派B

1日に1,000回ぐらい擦っているんじゃない?

アンチ派Cアンチ派C

今の季節、スギとかヒノキの花粉は飛んでいないから、

花粉症じゃなくて蓄膿症ね。

アンチ派Aアンチ派A

いや~ね、スーパーヒーローのくせして蓄膿症なんて。

アンチ派Bアンチ派B

なんか臭そう。

アンチ派Cアンチ派C

私が思うに、みさとりんは、1年中、

ずっと鼻の下を擦っていそうな気がする。

アンチ派Aアンチ派A

そんなに擦っているんだったら、手袋には黄色い鼻汁とか、

いっぱい付いていると思うよ。

みさとりん手袋って、すごくクサイと思う。

アンチ派Bアンチ派B

嫌だ、汚い!

アンチ派Cアンチ派C

スーパーヒーローとはいえ、みさとりんなんかと握手したくないわ。

アンチ派Aアンチ派A

手袋を脱いでもらったとしても、

みさとりんは、毎日、魔星と戦っているから

手も汗ばんで臭くなっているような気がする。

アンチ派Bアンチ派B

みさとりんって、洗濯さえしないのかしら?

アンチ派Cアンチ派C

だらしないわね~。

アンチ派Aアンチ派A

子供のくせしてオバサン臭なんて本当に嫌ね。

アンチ派Bアンチ派B

本当は、子供じゃなくて、仮面を取ったら

子供じみたオバサンだったりして。

アンチ派Cアンチ派C

アハハハハ。

アンチみさとりん派の3人は、独自に動画を作り、

「驚愕の真実!みさとりんの手袋は臭かった!人差し指で鼻の下を擦る癖が影響?」

というタイトルの動画を投稿したところ、閲覧者から、それなりの反応を得ていた。

 

しかし、そのような事を知らない「みさとりん」は、

炎天下にもかかわらず、魔星の調査をする為、外に出ていた。

 

みさとりんみさとりん

それにしても、暑いわね。

みさとりんに変身して、こんなにも汗を掻いたのは初めてだわ。

みさとりんは、手袋の中のニオイを気にする。

 

そして、手袋は脱がず、裾の部分を少し広げて、手袋の中のニオイを嗅いでみた。

 

みさとりんみさとりん

うわっ!

くっさ~い。

手袋を脱がなくて、コレだから、脱いだら卒倒してしまいそうだわ。

今日は、もうこれぐらいにして、引き上げようかな~。

そして、みさとりんが、スター・シップに戻ろうとした、その時!

 

少年C少年C

みさとりんだよね?

みさとりんみさとりん

ええ、そうだけど、何か?

少年C少年C

俺、みさとりんのファンなんだ。

みさとりんみさとりん

そうなの。

嬉しいわ。

少年C少年C

1つ、お願いがあるんだけど・・・。

みさとりんみさとりん

サイン?

それとも、握手?

少年C少年C

いや、手袋のニオイを嗅がせて欲しいんだ。

みさとりんみさとりん

何、それ?

少年C少年C

今、俺達の間で、みさとりんの手袋のニオイが、

話題になっているんだ。

みさとりんみさとりん

私の手袋が、臭いって事?

少年C少年C

そう。

俺の周りは、みさとりんの手袋は、絶対に臭いと言い張る奴が、

大多数なんだけど、俺は、臭くないと思っているんだ。

みさとりんみさとりん

私のファンだもんね。

少年C少年C

みさとりん、手袋を脱いでくれないかな?

みさとりんみさとりん

それは、ダメよ。

もし、指紋でも付いて正体がバレたら嫌だわ。

少年C少年C

自信が、無いの?

みさとりんみさとりん

そうじゃないわ。

フェアリー・スターの救世主である

「みさとりん」の手袋が、臭い訳ないじゃない。

少年C少年C

だったら、ニオイぐらい嗅がせてくれても・・・。

みさとりんみさとりん

じゃ、あなたが今、首に下げているペンダントを、私に渡して。

少年C少年C

こ、これは、俺の命とも言える母の形見・・・。

どうしようと言うんだ?

みさとりんみさとりん

もし、あなたが、私の指紋を採取したり、

私の手袋を持って逃げようとした時は、そのペンダントを頂くわ。

少年C少年C

わ、分かった・・・。

約束するよ。

みさとりんみさとりん

でも、ここじゃマズイわ。

こっちへ来て。

少年C少年C

どこへ行くの?

みさとりんみさとりん

安全な場所よ。

この近くには魔星が、いるかもしれないから。

みさとりんは、近くにあった廃墟へと入る。

 

そして、誰にも見られないように窓の無い部屋を選んだ。

 

みさとりんみさとりん

薄気味悪いけど、我慢して。

ここなら大丈夫だから。

少年は、みさとりんにペンダントを渡す。

 

みさとりんみさとりん

じゃ、向こうを向いて。

少年C少年C

逃げたらダメだよ!

みさとりんみさとりん

私は、フェアリー・スターの救世主よ。

ペンダントを持って逃げるなんて卑怯な真似は、絶対にしないわ。

少年は、壁の方を向く。

 

みさとりんみさとりん

絶対に振り向いちゃダメよ。

もし、振り向いたら、ペンダントは頂くわよ。

少年C少年C

分かった。

でも、絶対、逃げないでね。

もし、逃げたら、窃盗罪で逮捕だよ。

みさとりんみさとりん

分かっているわ。

みさとりんは、コスチューム・アウトと言って、変身を解除した。

 

そして、コスチューム・プレイと言って、みさとりんに再変身した。

 

たとえ、一瞬と言えど、メグミの姿を見られてはいけない。

 

メグミにとっては、一瞬でも窮地だ。

 

少年C少年C

何を言ってるの?

「コスチューム・プレイ」とか「コスチューム・アウト」とか・・・。

みさとりんみさとりん

ふふ、おまじないよ。

手袋が臭くないようにって。

少年C少年C

まだ?

みさとりんみさとりん

もう、いいわよ。

こっちを向いて。

少年は、みさとりんの方を見る。

 

少年C少年C

別に何も変わってないけど・・・。

もしかして、手袋を替えたの?

みさとりんみさとりん

ううん、手袋は、一双しかないわよ。

なんなら、私のボディチェックをしてもいいわよ。

少年C少年C

いや、女の子に対して、そこまでは・・・。

みさとりんは、手袋を脱いで、少年に渡した。

 

少年C少年C

クンクン、確かに臭くない。

みさとりんみさとりん

でしょう。

みさとりんは、変身直後は、手袋が臭くないのだ。

 

みさとりんみさとりん

みさとりんの手袋が、臭い訳ないわ。

じゃ、手袋を返して。

少年は、みさとりんに手袋を返し、みさとりんは、少年にペンダントを返した。

 

少年C少年C

これで、スッキリしたよ。

みさとりん、ありがとう。

これからも応援しているよ。

みさとりんみさとりん

(ウフフ、これで疑いは晴れたわ)

私もフェアリー・スターの平和を守る為に、

これからも救世主として頑張るわ。

みさとりんは、少年から返してもらった手袋を着けると、

誇らしげに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこするのであった。