少年C少年C

もう止めてよ~!

由衣由衣

メグミ、少年が、「ウィスプ」という魔星に襲われているわ。

すぐにメグミは、みさとりんに変身し、ウィスプのいる場所に現れた。

 

みさとりんみさとりん

お止めなさい!

ウィスプウィスプ

みさとりんか!

少年が、みさとりんに助けを求め、走って来る。

 

みさとりんみさとりん

さあ、私のマントの中に入って。

少年をマントで覆い、助ける「みさとりん」。

 

みさとりんみさとりん

もう大丈夫よ。

少年C少年C

うん。

みさとりんみさとりん

弱い者いじめは、この「みさとりん」が許さないわ。

ウィスプウィスプ

ホッホッホッ、私は、ただ少年の遊び相手になっていただけよ。

みさとりんみさとりん

ウソ、この子に向かって弾をたくさん発射しているのを見たわ。

ウィスプウィスプ

当ててはいないわ。

みさとりんみさとりん

でも、もし、当たっていたら大ケガをしていたかもしれないわ。

ウィスプウィスプ

この程度の攻撃でも?

ウィスプは、みさとりんに向かって複数の弾を発射した。

 

みさとりんは、マントで防御する。

 

「バチバチバチッ!」

 

全ての攻撃がマントで防がれる。

 

しかし、その音を聞いた少年は、恐怖のあまり、地面に両膝を付き、

みさとりんの履いているロングブーツに抱き付いた。

 

少年C少年C

ひぃーっ!

みさとりんみさとりん

エアーガン並みの威力ね。

私のマントだから大丈夫だったけど、これはヒドイわ。

ウィスプウィスプ

オー、ホッホッホッ。

私の攻撃をマントなどで防ぐとは、私もナメられたものだわ。

許さない。

ウィスプは、先ほどの弾よりも遥かに威力のある弾を連射した。

 

みさとりんみさとりん

「ドカドカドカッ!」

 

みさとりんみさとりん

もうこれは当たったら確実にあの世行きのレベルだわ。

許せない、バブル・ラップ

ウィスプウィスプ

ウヒャーッ!

みさとりんは、バブル・ラップでウィスプを包んだ。

 

ウィスプウィスプ

どうか、お許しを・・・。

みさとりんみさとりん

誰が許すもんですか。

その頃、みさとりんのマントの中で小さくなり、

みさとりんの足首に抱き付いていた少年は、上を見上げた。

 

すると、みさとりんのスカートの中が丸見えになり、

パンツのお尻の部分に描かれたクマの顔が目に入った。

 

少年C少年C

あっ!

クマのパンツ。

みさとりんみさとりん

きゃっ!

私のスカートの中を見たのね。

みさとりんは、慌てて少年をマントの外に追い出し、再びマントで自分の体を覆う。

 

みさとりんみさとりん

いや~ん、助けてあげてるのに

私のスカートの中を覗くなんて、もうっ、悪い子ねっ。

ウィスプウィスプ

おー、これはこれは奇遇だわ。

私もクマのパンツを履いているのよ。

ウィスプは、スカートをヒラリと翻し、クマのパンツを見せた。

 

ウィスプウィスプ

私達は仲間よ。

早くここから出して。

みさとりんみさとりん

何を言っているの。

あなたのパンツなんて見たくも無いわ。

えいっ。

ウィスプをポシェットの中に吸い込み、デビル・スターへと帰す。

 

そして、少年に、

 

みさとりんみさとりん

こんな所で遊んでいるから魔星に襲われるのよ。

早く家に帰りなさい。

少年を見届けた後、みさとりんは、みさとりんで、

逃げるようにスター・シップへと戻るのであった。