メグミは、学校から帰った後、両親が経営する

花屋の仕事を手伝っていたところ、奇妙な客が現れた。

 

化学研究員化学研究員

パンギーの花を100本下さい。

メグミメグミ

えっ?パンギーの花ですか?

この店には、そんなクサイ臭いのする花は、

売れないから置いていません。

化学研究員化学研究員

そうですか?じゃ、スティンクの花を100本下さい。

メグミメグミ

スティンクの花も人気が無いので置いていません。

でも、どうしてそんなクサイ臭いのする花ばかり欲しいんですか?

化学研究員化学研究員

単なる私の趣味ですよ。ま、無いんなら仕方無い。

では、スメリーの花は?

メグミメグミ

スメリーの花なら10本くらいなら有りますけど・・・。

化学研究員化学研究員

10本か・・・。ま、いい。じゃ、スメリーの花を・・・。

メグミは、スメリーの花を10本差し出すと、客は足早にその場を去って行った。

 

メグミメグミ

あのお客、なんかクサイわね。

数日後、魔星らしき者が森の近くに現れたとの情報を聞き、

メグミは、みさとりんに変身し、その森へと向かう。

 

すると、みさとりんに気付いた魔星らしき者は森の中へと消えて行った。

 

みさとりんみさとりん

逃がさないわよっ。

魔星らしき者を追って森の中に入って行く「みさとりん」。

 

みさとりんみさとりん

どこへ行ったのかな?

何も知らず、森の中を彷徨う「みさとりん」。

 

そして、魔星らしき者は木の影に隠れ、

みさとりんが近付くのを待って、強烈な臭気を噴射した。

 

みさとりんみさとりん

うわっ!くっさぁ~い。何っ?このニオイ?

手袋をした右手の人差し指を鼻の下に当て臭気を防ぐ「みさとりん」。

 

由夏由夏

どうしたの?

イヤリングを通して由夏が声を掛ける。

 

みさとりんみさとりん

森の中を歩いていたら、突然、臭いニオイがしたの。

気分も悪くなってきたし、魔星も見つからないから、

もう引き上げる事にするわ。

化学研究員化学研究員

惜しい・・・。あと一歩で「みさとりん」を

気絶させる事が出来たものを・・・。

やはり、スメリー10本では少なかったか・・・。

次の日、スメリーの花を10本買った男が、またもメグミの店へと現れた。

 

メグミメグミ

あっ!この前の変な客だ。

化学研究員化学研究員

スリープの花を100本下さい。

メグミメグミ

100本ですか?そんなに多く買って大丈夫ですか?

香気で眠ってしまう可能性がありますよ。

化学研究員化学研究員

ええ、充分承知していますよ。

メグミメグミ

不眠症か何かで、お困りなんですか?

化学研究員化学研究員

いやいや、そんな事は君には関係無い。早くしてくれ。

メグミは、すぐにスリープの花を用意し、客に手渡すと、その客は足早に去って行った。

 

メグミメグミ

やっぱり、なんかクサイわね。あの客、調査した方がいいかも・・・。

そう思い、由衣に、あの客を調査するよう頼んでおいた。

 

由衣由衣

この男は、化学会社の元研究員。

自宅の地下に研究室まで作って毎日研究に没頭しているようだわ。

そして、その力を悪用し、数々の事件を起こして、

去年、勤めていた会社を懲戒解雇になっているわ。

メグミメグミ

だったら、花を使って強烈な臭気を

作り出す事も出来るかもしれないって訳ね。

あっ!もしかして、この前の森での臭気は!

メグミは、早速、みさとりんに変身し、研究室へと潜入した。

 

みさとりんみさとりん

すごーい!さすが元研究員だけあって凄い設備ね。

そして、100本のスリープの花が漬けられている水槽を発見する。

 

みさとりんみさとりん

やっぱり、あの変な客だったんだ!

化学研究員化学研究員

そこで何をしている。

みさとりんは、見つかってしまう。

 

化学研究員化学研究員

おっ、お前は「みさとりん」。何故、お前がここにいる?

みさとりんみさとりん

この前、私は森の中を歩いていて臭気で気分が悪くなったの。

それで、その原因を調べていたら、ここに辿り着いたわ。

化学研究員化学研究員

ほぉー、さすがだな。ここを突き止めるとは・・・。

しかし、丁度いい。みさとりんよ、覚悟しろ。

ここで、お前の正体を暴いてやる。

研究員が、操作盤のボタンを押すと、

みさとりんのすぐ近くの噴射口から臭気が噴き出し、みさとりんの顔にかかった。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ!くさ~いっ。

みさとりんは、その場に倒れる。

 

化学研究員化学研究員

ハハハハハ、スリープの花は、まだ実験段階だが、

スティンクの花の臭気は、かなり応えただろう。

みさとりんみさとりん

ゴホッ、ゴホッ、一体、どこでスティンクの花を・・・。

化学研究員化学研究員

それは言えないな。

みさとりんみさとりん

こんなにクサイ臭気は初めてだわ。

化学研究員化学研究員

ハハハハハ、終わったな。では、お前の素顔、見せてもらうぞ。

みさとりんみさとりん

(だ、だめよ!今の粘着テープの粘着力は、まだ回復していないわ。

このままでは仮面を剥ぎ取られてしまうわ・・・)

化学研究員化学研究員

おっと、そうだった!お前の仮面は、

留め紐から強力な粘着テープに変わったんだったな。

みさとりんみさとりん

どうして、それを?

化学研究員化学研究員

フフフ、俺は魔星に魂を売ったのよ。一生の自由を手に入れる為にな。

みさとりんみさとりん

魔星に魂を・・・。

化学研究員化学研究員

そうさ、みさとりんの正体を暴いた者には賞金10億円が出ると聞いて

魔星と手を組み、魔星が手に入れた情報は俺にも伝えられるんだ。

だから、仮面の事も知っているのさ。

みさとりんみさとりん

そうまでして私の正体を・・・。

化学研究員化学研究員

お前の仮面の裏側に貼ってある強力な粘着テープは、

スパイダーフルイドの液体を掛ければ、剥がれる事は分かっている。

みさとりんみさとりん

でも、スパイダー亡き今、

もう液体を手に入れる事は出来ないはず・・・。

化学研究員化学研究員

そんな事は無い。俺はスパイダーが死んだ後、あの工場に向かい、

地面に残った極少量の液体を持ち帰り、成分を調べ、

スパイダーフルイドと同等の液体を作る事に成功したのだ。

みさとりんみさとりん

さすが、化学会社の元研究員・・・。

化学研究員化学研究員

みさとりん、俺の勝ちだ。

研究員が、その液体を持って「みさとりん」に近付いて来る。

 

みさとりんみさとりん

いや、あなたの負けよ。バブル・ラップ。

研究員は泡に包まれる。

 

化学研究員化学研究員

なっ、何故、俺がバブル・ラップで包まれるのだ?

みさとりんみさとりん

あなたがフレアーを浴びているからよ。

化学研究員化学研究員

どうして?俺はフェアリー・スター星人だぞ。

みさとりんみさとりん

いいえ、魔星と手を組んだ今、あなたは魔星も同然よ。

魔星はフレアーを浴びていて、常時、放電しているから

魔星の近くにいると、フレアーが伝染するの。

魔星と交流する事で、あなたは知らず知らずのうちに

フレアーを帯びてしまったのよ。

化学研究員化学研究員

ウ、ウソだろ?

みさとりんみさとりん

嘘じゃないわ。バブル・ラップが効いているのが何よりの証拠よ。

化学研究員化学研究員

お、俺をどうするつもりだ?

みさとりんみさとりん

決まってるじゃない。デビル・スターに行ってもらうわ。

化学研究員化学研究員

みさとりんの正体を暴こうとしたぐらいで

デビル・スターなんて、おかしいぜ。

みさとりんみさとりん

それだけじゃないわ。あなたは化学会社に勤めていた頃、

毒ガスを製造して同僚など5人の命を奪おうとしたわね。

化学研究員化学研究員

デタラメだ!

みさとりんみさとりん

もう、あなたの事は、ちゃんと調べてあるのよ。

みさとりんは、研究員が過去に犯した全ての犯罪について語った。

 

化学研究員化学研究員

フッフッフッ・・・、そこまで俺の事を知っているとはな・・・。

みさとりんみさとりん

これだけの事をやれば、あなたはもう完全に犯罪者だわ。

覚悟しなさい。

研究員はガックリとする。

 

みさとりんみさとりん

(決まったわ!)

「へへんっ」と言わんばかりに、

みさとりんは手袋をした右手の人差し指を鼻の下で往復させる。

 

しかし、往復する指先が仮面の下部に何度も当たる為、仮面がグラつき、

粘着力が弱いままの仮面は、その動作に耐えられず、剥がれ落ちた。

 

みさとりんみさとりん

キャッ!

みさとりんは手袋をした両手で素顔を覆う。

 

化学研究員化学研究員

おっ、お前は花屋の娘!

みさとりんみさとりん

私の正体を知ったところで、もう遅いわ。シュート・イン。

研究員は、デビル・スターへと送られた。