遂に、250年ぶりのフェアリー・スターとデビル・スターの最接近の時が、やって来た。

 

魔星達を束ねる首領・ゼウスは、100の魔星を引き連れ、

フェアリー・スターへと乗り込んで来た。

 

ゼウスゼウス

よいか、皆の者。

フェアリー・スターにいる全ての少女を誘拐し、

ハーレムを創るのだ。

側近側近

御意に・・・。

魔星達は、フェアリー・スター全土へと散らばった。

 

由夏由夏

いよいよ魔星を退治する時が来たけど大丈夫?

みさとりんみさとりん

もちろん、私は大丈夫よ。

魔星を片っ端から退治してやるわ。

由衣由衣

では、我らが「みさとりん」の記念すべき初陣の相手は、

スライムにしましょう。

このスライムという魔星は、フェアリー・スターにいた頃は、

女の子をいっぱい騙して総額1千万円を奪い取ったの。

女の子の敵よ。

みさとりんみさとりん

女の子を騙して、お金を取るなんて許せないわ。

由夏由夏

このスター・シップに搭載されているレーダーを使えば、

魔星の居場所が分かるの。

由衣由衣

いたいた、スライムだわ。

早速、少女と話をしているわ。

みさとりんが、スライムの背後に現れる。

 

みさとりんみさとりん

また女の子を騙すつもりね。

スライムが振り返り、

 

スライムスライム

誰だ、お前は?

みさとりんみさとりん

私は、魔星ハンター・みさとりん。

スライムスライム

魔星ハンター・みさとりんだと?

そんな奴は知らん。

何の用だ。

みさとりんみさとりん

あなたをデビル・スターへ帰す為にやって来たのよ。

スライムスライム

なんだと?

俺を、あの地獄へ戻すと言うのか?

みさとりんみさとりん

そうよ。

250年に一度のフェアリー・スターと

デビル・スターの最接近によって、

フェアリー・スターに入って来た更生不可能な魔星を

退治するのが私の使命なの。

スライムスライム

何を、たわけた事を・・・。

俺は魔星だぞ。

お前達フェアリー・スター星人とは違うぞ。

やれるものならやってみろ。

みさとりんみさとりん

バブル・ラップ。

スライムが、泡に包まれた。

 

スライムスライム

なんだ、これは?

俺は閉じ込められてしまったのか?

みさとりんみさとりん

そうよ。

あなたをデビル・スターへ帰す為に、この泡で包んだのよ。

スライムスライム

ええい、こんな物、叩き割ってやる。

スライムが、泡の内部からパンチや蹴りを入れるが、泡は割れない。

 

みさとりんみさとりん

残念だけど、その泡は私じゃないと割れないの。

スライムスライム

ええい、出しやがれ。

みさとりんみさとりん

じゃ、そろそろいくわよ。

シュート・イン。

スライムスライム

うわーっ!!

スライムが、ポシェットの中に吸い込まれ、消え去った。

 

みさとりんみさとりん

大丈夫?

少女A少女A

どなたか分かりませんが、危ないところを助けてもらって、

ありがとうございました。

みさとりんみさとりん

えへっ。

みさとりんは、照れ臭そうに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

みさとりんみさとりん

フェアリー・スターに魔星が復活したから気を付けてね。

じゃ。

みさとりんは、少女に手を振り、その場から消え去った。