由衣由衣

メグミは、よく鼻の下を擦るけど蓄膿症なの?

メグミメグミ

ううん、全然。

これは小さい頃からの単なる癖よ。

由夏由夏

でも、指で鼻の下なんか擦っていたら、見た目にも良くないよ。

メグミメグミ

私も、自分に鼻をこする癖がある事は、自覚しているんだけど、

鼻をこする動作は、無意識にやっているような気がするわ。

由衣由衣

動画サイトで、魔星達が、みさとりんの動画を

公開し始めた事が気になってしょうがないの。

由夏由夏

見た目が悪いのは、まだいいとしても、

問題は、正体を見破られる可能性があるって事ね。

由衣由衣

でも、無意識にやっているんだったら、気の付けようも無いし・・・。

メグミメグミ

正体を見破られるか・・・。

自分では、よく分からないんだけど・・・。

由夏由夏

10億円の懸賞金が掛かった事で、アンチみさとりん派

「みさとりん」の正体暴きに力を入れているだろうしね。

メグミメグミ

あ~、こわい!

鼻を擦るの、もう、や~めた。

由衣由衣

でも、魔星を倒した後に、

得意気に人差し指で鼻の下を擦る姿っていうのは、

みさとりんの決めポーズとして格好いいかも?

由夏由夏

確かに様になっているわね。

メグミメグミ

やだ~、二人とも。

そんな風に言われると、照れ臭いじゃない。

メグミは、得意気に右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

由衣由衣

ほら。

また、やったわ。

やはり、鼻の下を擦る癖は、自然と出るようである。

 

メグミメグミ

この癖は、生まれつきのものよ。

直すのは無理だわ。

そして、某場所で、コスプレイベントが開催され、みさとりんのコスプレをする少女が現れた。

 

コスプレに才能のある天才コスプレイヤーだ。

 

手芸が得意なだけに、本物と全く区別がつかないほど、そっくりなコスチュームを着ていた。

 

そこへ、本物の「みさとりん」が、現れる。

 

みさとりんみさとりん

凄いじゃない。

私に、そっくりだわ。

さすが、プロのコスプレイヤーね。

コスプレ少女コスプレ少女

えっ?

あなた、もしかして、本物の「みさとりん」?

みさとりんみさとりん

そうよ。

コスプレ少女コスプレ少女

すご~い!

こんな機会、めったに無いわ。

一緒に写真を撮って。

コスプレみさとりんは、本物みさとりんと記念撮影をした。

 

すると、そこへ魔星のアームソードが、現れた。

 

みさとりんみさとりん

(あっ!

あの魔星、この前、ヒトミを襲った時の・・・)

アームソードアームソード

俺は、みさとりん候補者を調査する者。

お前達が、本物かどうか、調べさせてもらうぜ。

魔星とは知らないコスプレみさとりんが、

 

コスプレ少女コスプレ少女

私達、どちらかが本物なのよ。

どっちだと思う?

アームソードアームソード

何っ?

1人は、本物なのか!

2人の「みさとりん」は、それぞれポーズを取った。

 

アームソードアームソード

まずは、お前からだ。

アームソードは、コスプレみさとりんの仮面に手を掛けた。

 

コスプレ少女コスプレ少女

キャッ、何するのよっ!

マスクを取らないで!

アームソードアームソード

これから顔を調べるのにマスクは邪魔だ。

みさとりんみさとりん

(あの剣は、危ないから今のうちに避難よ)

本物みさとりんは、アームソードが、コスプレみさとりんを調べている間に、

アームソードの背後に移動した。

 

アームソードアームソード

お前、本物ではないな。

コスプレ少女コスプレ少女

どうして、そんな事が言い切れるの?

アームソードアームソード

本物であれば、仮面は、もう留め紐で固定されていない。

コスプレ少女コスプレ少女

そうなの?

そんな事まで知らなかったわ。

やっぱり、本物には敵わないわね。

アームソードアームソード

では、本物は、どこへ行った?

本物の「みさとりん」は、アームソードの背後からバブル・ラップを放った。

 

アームソードアームソード

おわーっ!

うっ、後ろからとは卑怯な・・・。

みさとりんみさとりん

魔星相手に卑怯も何も無いわ。

みさとりんは、泡に包まれたアームソードに近付く。

 

アームソードアームソード

お、お前は、この前、俺に体当たりしてきた少女・・・。

みさとりんみさとりん

ど、どういう事?

アームソードアームソード

とぼけても無駄だ。

喉元に剣を突き付けた時に、怯えていた目が、そっくりだ。

みさとりんみさとりん

バレてしまっては仕方無いわね。

(仮面を着けて、顔を隠しているとは言っても、

仮面の穴から特徴のある目が見えてしまうのは仕方の無い事ね)

アームソードアームソード

あの時の少女が、みさとりんだったとはな・・・。

みさとりんみさとりん

私の正体に気付いたところで、もう遅いわ。

泡に包まれた今、それを同胞に伝える事が出来ないんですものね。

アームソードアームソード

それにしても、この前の事といい、今日の事といい、

本物の「みさとりん」が隣りにいながら、2度も見逃すとは、

俺の正体暴きも詰めが甘いな・・・。

みさとりんみさとりん

おかげさまで私も正体がゼウスに知れなくて助かったわ。

じゃ、そろそろお別れね。

シュート・イン

アームソードは、みさとりんのポシェットへと吸い込まれる。

 

コスプレ少女コスプレ少女

さすが、本物の「みさとりん」。

魔星を、いとも簡単に始末するなんて。

みさとりんみさとりん

てへっ。

本物みさとりんは、いつもなら得意気に鼻をこするところであるが、

今回は意識してか、照れ臭そうにペロッと下を出すのだった。

 

コスプレ少女コスプレ少女

今日は、みさとりんのコスプレをしていて、

本物の「みさとりん」に会えたり、魔星に襲われたりと、

すごく貴重な経験が出来たわ。

みさとりんみさとりん

ウフフ、良かったわね。

では、これからも

魔星ハンター・みさとりんを宜しくね。

コスプレ少女コスプレ少女

ええ、もちろんよ。

本物みさとりんとコスプレみさとりんは、手袋をした右手で固い握手を交わした。