みさとりんは、ゼウスと協力して、フェアリー・スターにいる悪女を

デビル・スターへと送る事になった。

 

ゼウスゼウス

楽しみだぜ。みさとりん。

みさとりんみさとりん

その前に、約束通り、誘拐した少女達を全員解放して。

ゼウスゼウス

よし。来るがいい。

ゼウスは、地下室にある少女達の居室(ハーレム)へと「みさとりん」を案内した。

 

豪華絢爛な部屋には、100人を超える美少女達がいた。

 

みさとりんみさとりん

すごいわね。

ハーレムを諦めるとか言ってたけど、既にハーレム状態じゃない。

ゼウスゼウス

いや、俺には、やはり少女は幼すぎて無理だった。

みさとりんみさとりん

成人じゃないとダメなのね。じゃ、少女達を解放してあげて。

ゼウスは、少女達の洗脳を解く為、指をパチンと鳴らすと、少女達は我に返った。

 

少女A少女A

ハッ、私達は一体、何をしていたの?

少女B少女B

誘拐されたまでは覚えているけど・・・。

少女C少女C

それ以降の事は、何も思い出せないわ。

少女D少女D

あっ!見て、出口よ。あそこから外に出られるわ。

少女達は、一斉に階段を駆け上がり、オドーの砦から逃げていった。

 

ゼウスゼウス

では、次は俺の願いを聞いてもらおう。

この美女をデビル・スターに送ってもらいたい。

ゼウスは、写真を見せる。

 

ゼウスゼウス

名前は、オリーブ。フェアリー・スター1の美女さ。

みさとりんみさとりん

その前に、まず、犯歴を調べさせてもらうわ。

由衣、この女性は何をしたの?

由衣は、スター・シップのデーターベースを使って検索を始めた。

 

データーベースには、魔星の情報以外にも

フェアリー・スターのありとあらゆる情報が入っており、

この超優秀なデーターベースを使えば、欲しい情報を素早く簡単に入手する事が出来る。

 

由衣由衣

この女は、美女コンテストである「ミス・フェアリー・スター」に

出場する際、当時、自分より美人であったライバルをその手に掛け、

ミス・フェアリー・スターの座を獲得したの。そして、事件発覚後は、

逃亡生活を続け、時効が成立した後、スーパーモデルになっているわ。

みさとりんみさとりん

自分が1番になる為の身勝手な犯行ね。許せない。

ゼウス、こんな奴と一緒に居たいの?

ゼウスゼウス

ああ、俺も悪に染まり切った輩だからな。美しければ犯歴は問わん。

みさとりんみさとりん

命を狙われるかもしれないのに、よく言うわね。

私には考えられない事だわ。

みさとりんは、目線を上にして、手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこすりながら話す。

 

みさとりんみさとりん

ま、私もこの女をデビル・スターへ送る事には同感だわ。

早速、この女の所へ行きましょうよ。

ゼウスゼウス

そんな面倒な事はしなくてもいい。こうするのさ。

ゼウスは、オリーブを自分達のいる場所にテレポートさせた。

 

オリーブが、みさとりんの目に前に現れる。

 

みさとりんみさとりん

どういう事?

ゼウスゼウス

俺は、美女を誘う事も出来るのさ。

みさとりんみさとりん

さすが、誘拐犯。

オリーブオリーブ

ここは、どこなの?それに、あなた達は誰?

ゼウスゼウス

色々話したいが、今は美女を集めるのが先だ。

ゼウスは、オリーブにフレアーを浴びせる。

 

ゼウスゼウス

みさとりん、後は頼んだぜ。

みさとりんみさとりん

オッケー、バブル・ラップ

すかさず「みさとりん」は、オリーブを泡で包む。

 

オリーブオリーブ

なっ、何をする?

みさとりんみさとりん

あなたを希望ある者の人生を奪った罪で

デビル・スターへ送ってやるわ。

オリーブオリーブ

なんだと!お前に何の権利がある。お前は裁判官か?

みさとりんみさとりん

そうじゃないわ。フェアリー・スターの法律は甘い。

美人であれば、なんでも許される訳じゃない。

法で裁けないのなら、私が裁いてやるわ。シュート・イン。

オリーブは、デビル・スターへと送られた。

 

そして、デビル・スターに特別に創られたハーレムでは、

ゼウスの側近が、今や遅しと美女が来るのを待っていた。

 

側近側近

おお、記念すべき最初の招待客にミス・フェアリー・スターを

お選びになるとは、ゼウス様らしい。

オリーブオリーブ

あの小娘め。私をデビル・スターのような地獄に送りおって。

側近側近

荒れ狂うでない。美女が台無しですぞ。

側近は、オリーブの額にビームを照射すると、

オリーブの目は「とろ~ん」となり、洗脳状態となった。

 

側近側近

お前は、これからゼウス様のメイドとしてお仕えするのじゃ。

オリーブオリーブ

は、はい・・・。分かりました・・・。

オリーブは、ハーレム内にある待合室へと入って行った。