4人衆のいる森へとやって来た「みさとりん」。

 

そして、森の奥へと入っていくと、砦があった。

 

由夏由夏

この砦には、4人衆の1人・ジャッカルがいて、

セイレーンという魔星が護衛として付いているわ。

由衣由衣

砦の外に結界が張られていないから、恐らくジャッカルは、

自身の周りに結界を張っていると思うわ。

結界の中と外とでは世界が違うから、

バブル・ラップが効かない事に注意して。

みさとりんみさとりん

じゃ、どうやって倒すの?

由夏由夏

ジャッカルに自ら結界を解かせるしかないわね。

由衣由衣

悪いけど、私達がアドバイス出来るのはここまでなの。

お願い、みさとりん。あなたの良い頭で考えてみて。

みさとりんは、砦の中へと入った。

 

すると、階段を登った玉座にジャッカルが座っていた。

 

そして、由衣の言った通り、ジャッカルの周りには結界が張られていた。

 

ジャッカルジャッカル

お前が「みさとりん」か?

噂通り、なかなか可愛いではないか。

みさとりんみさとりん

いやんっ。魔星とはいえ、褒められると照れ臭いですわ。

みさとりんは、手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

ジャッカルジャッカル

何をしに来た?

みさとりんみさとりん

決まっているでしょ。あなたを倒す為よ。

ジャッカルジャッカル

出来るかな?

すると、護衛のセイレーンが、曲を奏で始めた。

 

セイレーンセイレーン

グレイテスト・セレナーデ。

心地良い音楽が砦中に響き渡る。

 

みさとりんみさとりん

何なの!この音楽は?気持ち良くて眠ってしまいそうだわ・・・。

きゃっ、タイム・ストップ!

セイレーンの術中にハマる前に時を止め、グレイテスト・セレナーデから逃れたものの、

みさとりんは後ろに転倒してしまう。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ!スカートの中が・・・。

慌てて手袋をした両手でスカートの前部とお尻の部分を隠す「みさとりん」。

 

みさとりんみさとりん

危ない、危ない、眠ってしまうところだったわ。一種の催眠術ね。

でも、どうやって、あの結界を解けばいいの?

少し目線を上にし、手袋をした右手の人差し指で

鼻の下をこすりながら作戦を考える「みさとりん」。

 

みさとりんみさとりん

よし、これでいこう!タイム・スタート。

再び曲が流れ始めると、みさとりんは催眠術に掛かった振りをした。

 

セイレーンセイレーン

ジャッカル様。みさとりんが我が術中に落ちました。

ジャッカルジャッカル

ハッハッハ。これで「みさとりん」はワシの操り人形だ。

みさとりんよ。こっちへ参れ。

みさとりんみさとりん

はい。

みさとりんは、玉座の前の階段を上がり、ジャッカルの方へと近付いて行く。

 

ジャッカルジャッカル

よし、そこで止まれ。

ピタリと止まる「みさとりん」。

 

ジャッカルジャッカル

お前のような少女が欲しかったぞ。

みさとりんは私のものだ。ハッハッハ。

ジャッカルは結界を解き、両手を広げて「みさとりん」を招き入れようとする。

 

ジャッカルジャッカル

さ、ワシの胸に飛び込んで来るがよい。

みさとりんみさとりん

はい。

すると、みさとりんは、ジャッカルに近付き、バブル・ラップを放つ。

 

ジャッカルジャッカル

どわーっ!

泡に包まれるジャッカル。

 

続いてセイレーンにもバブル・ラップ。

 

ジャッカルジャッカル

み、みさとりん、眠っていたんじゃ・・・。

みさとりんみさとりん

ウフフ。

みさとりんは、手袋をした右手の人差し指を鼻の下に当てる。

 

みさとりんみさとりん

実は、騙された振りをしていたの。あなたに結界を解かせる為にね。

ジャッカルジャッカル

謀りおったな。しかし、どうやって

セイレーンのグレイテスト・セレナーデを・・・。

みさとりんみさとりん

これのおかげよ。

みさとりんは、片方の耳から小さく丸めたティッシュを取り出した。

 

ジャッカルジャッカル

ティッシュを耳栓代わりにしていたとは・・・。

みさとりんみさとりん

私だって女の子よ。ティッシュぐらい持っているわ。

ジャッカルジャッカル

しかし、いつ耳に入れたのだ?耳に入れるところは見ていないぞ。

それとも最初から入れていたのか?しかし、最初から入れていれば、

ワシと会話は出来なかったはず・・・。

みさとりんみさとりん

ウフフ。

みさとりんは手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

みさとりんみさとりん

それは内緒よ。シュート・イン。

ジャッカルとセイレーンは、ポシェットの中に消え去った。