地面に降りた「みさとりん」。

 

女の魔星・ミレディーとの初の女性対決。

 

ミレディーミレディー

さすが数々の魔星を倒してきただけあって、

なかなかやるようだが、私には鋼鉄をも溶かす液体がある。

お前を地獄に送ってやる。

受けてみよ、アシッド・レイン。

ミレディーは、口から溶解液を吐いた。

 

みさとりんみさとりん

セイント・ガード。

ミレディーが口から吐いた溶解液は、聖なる壁に遮られ、地面に落ち、大きな穴が空いた。

 

みさとりんみさとりん

陰気臭い技を使うのね。

ミレディーミレディー

今のはほんのお遊びだ。

喰らえ!我が奥義

スーパー・アシッド・レイン。

みさとりんは、マントをひるがえして強風を起こした。

 

みさとりんみさとりん

ビッグ・ウインド。

溶解液は強風の勢いで戻され、ミレディーの体に降り注いだ。

 

ミレディーミレディー

ギャーッ!!

フロッグフロッグ

ミレディー様っ!

ミレディーは溶解液を被り、体が少しずつ溶けていった。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ。

みさとりんは、ミレディーのグロテスクな姿を見て手袋をした両手で顔を覆った。

 

ミレディーミレディー

フ、フロッグよ。

た、助けておくれーっ!

フロッグフロッグ

お、俺のミレディー様が・・・。

みさとりんみさとりん

今までやってきた災いが束になって、あなたに降り注いだのよ。

ミレディーミレディー

な、何をしておるっ!

早くするのじゃーっ!

フロッグフロッグ

俺の生きがいはミレディー様の美貌だった。

しかし、醜くなったミレディーなんかにもう用は無いぜ。

ミレディーミレディー

何を言う。

私を裏切るのか?

フロッグフロッグ

俺は美女が大好きなんだ。

別の女を探すぜ。

みさとりんみさとりん

さすが裏切りのフロッグね。

フロッグフロッグ

ええーいっ、うるさいっ!

この小娘めっ。

みさとりんみさとりん

じゃ、あなたもミレディーと同じように苦しむがいいわ。

みさとりんは、フロッグを閉じ込めている泡をミレディーの真上へと移動させる。

 

フロッグフロッグ

な、何をする気だ?

みさとりんみさとりん

こうするのよ。

みさとりんは手袋をした右手の人差し指で泡を突き、

泡を割ると、フロッグはミレディーの体の真上へと落ちた。

 

フロッグフロッグ

ギャーッ!

ミレディーミレディー

フロッグ、私を裏切るとは許せん。

お前も道連れだ。

フロッグフロッグ

や、止めろーっ!

ミレディーはフロッグに抱き付き、フロッグもまた溶けていく。

 

フロッグフロッグ

た、助けてくれーっ。

みさとりんみさとりん

所詮、魔星の末路なんて、こんなものよ。

ミレディーとフロッグが溶けていく事で辺りに異様なニオイが漂った。

 

みさとりんみさとりん

いやんっ!

くっさーいっ。

みさとりんはマントで顔の下半分を覆う。

 

みさとりんみさとりん

私は、気持ち悪いのと臭いのは大の苦手だから、

もうデビル・スターに行ってもらうわ。

バブル・ラップ。

ミレディーとフロッグは泡に包まれた。

 

みさとりんみさとりん

デビル・スターへ帰って、2人仲良く地獄を味わうのね。

シュート・イン。

ミレディーとフロッグは、デビル・スターへと送られた。