ゼウスの命令により、常時、10匹のフライ・アイが、連日、メグミを監視するようになった。

 

そして、メグミは、日曜日に行われたミニバスケットボールの試合中、

相手チームの選手とクロスプレイになり、転倒してしまう。

 

その時、半ズボンと太ももの隙間から半ズボンの下に履いている

パンツのお尻の部分(クマの模様)が見えてしまった。

 

フライ・アイは、その決定的瞬間を見逃さなかった。

 

ゼウスゼウス

こ、これは!

側近側近

以前、みさとりんのスカートの中を

フライ・アイが撮影した事がありましたが、

みさとりんの履いているパンツにも、

このバスケ少女と同じクマの模様がありました。

ゼウスゼウス

やはり、みさとりんと立花メグミは、同一人物なのか?

そして、次の日、メグミは、小学校から下校中、小石につまづき、転倒してしまう。

 

メグミメグミ

いった~い。

ヒトミヒトミ

もう、どんくさいわね。

メグミは、右脚の膝下に怪我をしてしまい、包帯を巻いた。

 

そして、帰宅後、スター・シップ内に移動すると、由夏が、

 

由夏由夏

どうしたの、その脚?

メグミメグミ

学校から帰る途中に、転んで脚を擦りむいちゃって。

由衣由衣

気を付けないとダメよ。

みさとりんと同じ位置にケガの跡があったら、

魔星に怪しまれるじゃない。

メグミメグミ

この位置だと、ブーツで隠れるから大丈夫だと思うけど・・・。

そして、1匹のフライ・アイが、みさとりんを真上から見ていた。

 

すると、ブーツの中が見えた。

 

ゼウスゼウス

右脚の膝下に包帯が・・・。

側近側近

今日、立花メグミが、道で転んで脚にケガをしました。

ゼウスゼウス

みさとりんと立花メグミ・・・。

同じ位置に包帯とは・・・。

側近側近

これで、みさとりんの正体が、立花メグミである事が、

ほぼ確実となりました。

ゼウスゼウス

よーし!

では、立花メグミを、ここへ連れて来るのだ。

側近側近

ゼウス様、その前に、お話ししたい事があります。

ゼウスゼウス

何だ?

側近側近

たった今、地下室を調べていたところ、一番奥の部屋で、

みさとりんの変身を解除する秘密兵器の設計図を発見しました。

ゼウスゼウス

なんだと!

側近側近

設計図によると、メタモルフォーゼ・ブレーカーという物のようです。

ゼウスゼウス

しかし、どうして、そんな物が、ここに?

側近側近

おそらく、先代の魔星達が残していった物のようです。

この砦の地下室も先代の魔星達が利用していた痕跡が、

幾つか見受けられます。

ゼウスゼウス

やはり、時代は違っても、魔星同士、通じるものがあるのだな。

ハッハハハ。

側近側近

そして、この設計図があった場所に、

未完成のメタモルフォーゼ・ブレーカーらしき物がありました。

ゼウスゼウス

本当か!

よし、では、案内せよ。

ゼウスと側近は、一番奥の部屋に行く。

 

ゼウスゼウス

これが、メタモルフォーゼ・ブレーカーか・・・。

側近側近

先代の物凄い頭脳を持った魔星が、

みさとりんのコスチュームの弱点に気付き、

この装置を開発していたようですが、完成前に、

250年前の「みさとりん」との戦いに敗れてしまい、

装置は未完成のまま、設計図も、

この地下室に眠ったままとなったようです。

ゼウスゼウス

完成までには、だいぶ掛かるのか?

側近側近

少々お待ちを・・・。

側近は、設計図に載っている部品と、現在、そこに置いてある部品を見比べてみたところ、

完成までに必要な全ての部品が揃っている事を認識する。

 

側近側近

組み立てるだけで完成するかもしれません。

ゼウスゼウス

そうか!

側近側近

みさとりんが、ここへやって来るのも時間の問題かと思われます。

側近は、早急に組み立てを開始した。

 

その頃、モニターを見ていた由夏が、

 

由夏由夏

クラーケンが、砦のあった場所から出て来るという事は、

出入り口は、もう開通しているって事よ。

由衣が、モニターを使って探していると、砦の地下室へと続く階段が見えた。

 

由衣由衣

あれだわっ!

みさとりんは、森の奥にあるオドーの砦に再び現れ、

階段を下って行くと、そこにはゼウスがいた。

 

ゼウスゼウス

よく来たな。

みさとりん。

みさとりんみさとりん

ゼウス、もう逃げられないわよ。

覚悟!

ゼウスゼウス

おっと、覚悟するのは、お前の方じゃないのか?

みさとりんみさとりん

何を言っているの。

ハーレムの実現以外、何の能も無い貴方が、私に勝てると思って。

自信に満ちた「みさとりん」は、誇らしげに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

ゼウスゼウス

言ったな。

では、お前の命とも呼べる、そのコスチュームを消し去ってやろう。

ゼウスが、メタモルフォーゼ・ブレーカーを構え、引き金を引くと、謎の光線が発射された。

 

「ピィーーーーーッ」

 

そして、みさとりんの体全体に照射される。

 

みさとりんみさとりん

うっ!

何、今の?

ゼウスゼウス

どうだ!

みさとりんみさとりん

何よ、こんなもの。

痛くも痒くもないわ。

ゼウスゼウス

これから面白い事になるぜ。

すると、みさとりんのコスチュームが消え、メグミは、普段着の姿に戻ってしまう・・・。

 

メグミメグミ

キャーッ!

変身が解けてしまったわ。

素手となった両手で顔を覆い、地面にうつ伏せになる「みさとりん」。

 

いや、メグミ。

 

ゼウスゼウス

やはり、みさとりんの正体は「立花メグミ」であったか・・・。

由夏由夏

由衣、大変よ!

みさとりんの変身が解除されてしまったわ。

由衣由衣

こ、こんな事って・・・。

由夏由夏

よく分からないけど、このままではメグミが危ないわ。

由衣由衣

急いでスター・シップにテレポートよ。

変身を解除された「みさとりん」は、スター・シップの中へ・・・。

 

由夏由夏

メグミ、大丈夫?

メグミメグミ

こ、ここは?

由衣由衣

スター・シップの中よ。

メグミメグミ

変身を解除されるなんて、そんなバカな・・・。

呆然とする3人であった。