メグミメグミ

私の名前は、立花(たちばな)メグミ。

12歳の小学6年生。

ちょっと、どんくさいけど、バスケ好きで、この物語の主人公なの。

今から書く話は、私が「魔星(ませい)ハンター・みさとりん」に

なった時の事・・・。

そんなある夜、メグミは眠りにつき、夢を見ていた。

 

そして、フェアリー・スターの女神である由衣(ゆい)と由夏(ゆか)は、

夢の中にいるメグミをスター・シップの中に誘い出した。

 

メグミメグミ

ここは、どこなの?

由衣由衣

驚いた?

メグミメグミ

あ、あなた達は?

由夏由夏

私達はフェアリー・スターの女神、由衣と由夏。

メグミメグミ

これは夢なの?

由衣由衣

ううん、夢じゃないわ。

私達はメグミに、この星を救ってもらいたくて、

ここへ誘い出したの。

メグミメグミ

ええっ?

何故、私の名前を?

それに、この星を救うって?

そんな事、私に出来るはずが無いわ。

由夏由夏

「コスチューム・プレイ」って言ってみて。

メグミメグミ

コ、コスチューム・プレイ・・・。

メグミは眩いばかりの光に包まれた。

 

メグミメグミ

きゃっ!

あまりの眩しさにメグミは目を閉じる。

 

変身後、自分が着ている服、手袋、マントやブーツを見て、

 

みさとりんみさとりん

えっ?

こ、これは、どういう事?

由衣由衣

メグミは今、みさとりんに変身したの。

みさとりんみさとりん

みさとりん?

由夏由夏

250年前、この星を魔星から救った救世主よ。

みさとりんみさとりん

魔星?

救世主?

由衣由衣

これからメグミは、

伝説の少女みさとりんとなって魔星達と戦うのよ。

みさとりんみさとりん

そ、そんな事言われても・・・。

も、元に戻して。

こんな格好、恥ずかしいわ。

その頃、目覚まし時計が鳴り、メグミは現実の世界へと引き戻される。

 

メグミメグミ

はっ!

やっぱり今のは夢だったんだ。

でも、本当のような夢だったわ。

しばらく考え込んでいたメグミだったが、

もう一度、夢で聞いたあの言葉を唱えてみる事にした。

 

メグミメグミ

コスチューム・プレイ。

眩いばかりの光に包まれ、メグミは、みさとりんに変身した。

 

みさとりんみさとりん

やっぱり夢じゃなかったんだ。

驚きを隠せないメグミ。

 

メグミは、鏡で自分の姿を見た。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ、仮面を着けてるっ。

自分の姿を見て、手袋をした両手を頬に付けた。

 

みさとりんみさとりん

これが、みさとりんのコスチュームなの?

これを着て魔星と戦うの?

しばらく鏡で自分の姿を見て困惑していたメグミであったが、

開き直って、みんなからチヤホヤされる事を想像した。

 

友人A友人A

メグミちゃん、救世主になったのね。

すごーいっ。

格好いいーっ。

みさとりんみさとりん

エヘヘ・・・。

大した事無いよ。

でも、そんなに褒められたら照れ臭いわ。

メグミは手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

その頃、母がなかなか起きてこないメグミを起こそうと

二階にあるメグミの部屋へ上がって来た。

 

お母さんお母さん

メグミーっ。

まだ寝てるの?

早く起きなさい。

みさとりんみさとりん

きゃっ、お母さんだ!

あっ、もうこんな時間だわ。

でも、どうしよう。

どうやったら元の姿に戻れるの?

しょうが無い。

メグミは、ベットの上の布団に潜った。

 

すると、母が部屋の中に入って来て、

 

お母さんお母さん

どうしたの?

どこか調子でも悪いの?

みさとりんみさとりん

うん、お母さん。

今日は気分が悪いから学校を休むわ。

お母さんお母さん

でも、どうして?

昨日は、あんなに元気だったのに・・・。

仮病なんて許さないわよ。

母が不審に思い、布団を剥ぎ取る。

 

メグミメグミ

キャーッ!

メグミが悲鳴を上げる。

 

お母さんお母さん

どうしたの?

メグミメグミ

恥ずかしいわ。

お母さん、見ないで・・・。

お母さんお母さん

何を馬鹿な事、言ってるの。

ほら、元気そうじゃない。

早く起きないと遅刻するわよ。

メグミメグミ

えっ?

メグミは、自分の姿を見て変身が解けている事に驚く。

 

メグミメグミ

今のは何だったの?

夢なのか現実なのかよく分からない・・・。