由夏は、引き続き、スター・シップフレアー探知機を使って

次の魔星を探していたところ、奇妙なフレアー反応があった。

 

由夏由夏

由衣、この地点から何やらフレアー反応があるわ。

由衣由衣

魔星がいる訳でもないのに変ね。

みさとりんみさとりん

私が見て来るわ。

みさとりんは、スター・シップで、その地点まで移動した後、降りて捜索を開始する。

 

そして、周囲を歩く事、5分。

 

みさとりんみさとりん

特に魔星らしき者は、いないけどな~。

由夏由夏

おかしいわね。

すると、みさとりんは、ある物を発見した。

 

みさとりんみさとりん

あら?

こんな所に鏡が・・・。

でも、なぜ、ここに?

ま、いいわ。

みさとりんは、鏡を見て、うっとりしていた。

 

みさとりんみさとりん

この仮面って、いつ見ても美しいわね。

その時、イヤリングから由夏の声がした。

 

由夏由夏

みさとりん、フレアーを放っているのは、その鏡よ!

みさとりんみさとりん

えっ?

メデューサメデューサ

フハハハハ、見てしまったぞ。

お前の仮面の脆さを。

みさとりんみさとりん

だっ、誰っ?

メデューサメデューサ

私は、メデューサ。

鏡に映った者を自在に操る魔星。

鏡を見ると、みさとりんの背後に女性が立っていた。

 

みさとりんは、振り返るが、

 

メデューサメデューサ

ミラー・ストップ。

みさとりんは、硬直した。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ、体が動かないっ!

由衣由衣

フレアーを放つのは、魔星だけでなく、魔星の持ち物もだったわ。

そして、メデゥーサは、仮面の留め紐を触る。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ!

そこは触っちゃ駄目よ。

メデューサメデューサ

お前が、鏡を見て、顔を横に振った時、この留め紐が見えた。

これを外せば、お前の仮面は剥がれる。

みさとりんみさとりん

その手を離しなさいっ!

メデューサメデューサ

誰が離すものか。

メデゥーサは、留め紐を揺さ振り始める。

 

みさとりんみさとりん

キャーッ!

止めてーっ!

みさとりんの仮面は、薄皮1枚。

 

仮面が外れれば、素顔が露わになってしまう。

 

しかし、動けないのは鏡に映った部分だけで、

そこ以外は、硬直していなかった。

 

みさとりんみさとりん

メデューサに向けた右手の人差し指から泡が発生し、メデゥーサは、泡に包まれる。

 

メデューサメデューサ

ううっ、もっと大きな鏡であれば、

お前の動きを全身封じる事が出来たものを・・・。

みさとりんみさとりん

危ない、危ない。

もう少しで仮面を剥がされるところだったわ。

メデューサメデューサ

私を、こんな泡で包んで、どうするつもりだ?

みさとりんみさとりん

知らないの?

デビル・スターに返すに決まってるじゃない。

メデューサメデューサ

あの地獄にか!

みさとりんみさとりん

えっ?

あなた達は、魔星同士で連絡を取り合っているんじゃないの?

メデューサメデューサ

私は、1匹狼。

誰とも交わらん。

みさとりんみさとりん

そうなんだ。

魔星の中には、そんな人もいるのね。

メデューサメデューサ

では、お前に頼みがある。

その鏡は、私にとって命とも言える大事な物。

デビル・スターに送られるのなら一緒に持って行きたい。

取ってはくれぬか?

みさとりんみさとりん

ええ、いいわ。

みさとりんは、鏡を手に取った。

 

メデューサメデューサ

フハハハハ、引っ掛かったな。

喰らえ、ミラー・イン。

しかし、何も起こらなかった。

 

メデューサメデューサ

何故、鏡に吸い込まれんのだ?

みさとりんみさとりん

何ですって?

私を鏡の中に閉じ込めようとしたのね。

生憎だけどバブル・ラップに包まれた今、

あなたの魔法は封じられているのよ。

メデューサメデューサ

そうだったのか!

みさとりんみさとりん

ちゃんと情報は共有し合わないとね。

ええーいっ。

私を騙そうなんて許せないわ。

こんな鏡、こうしてやるっ。

みさとりんは、鏡を地面に放り投げると、ブーツのかかとで鏡を踏みつけ、鏡を割った。

 

メデューサメデューサ

ギャーッ!

メデューサの顔にヒビが入った。

 

みさとりんみさとりん

メデューサと鏡は、一体だったのね。

シュート・イン

メデューサは、デビル・スターへと送られた。

 

そして、鏡を割った事で、その中から多くの者(物)が、飛び出して来た。

 

みさとりんみさとりん

こ、これは?

由夏由夏

メデューサの魔法によって閉じ込められていた者(物)達だわ。

みさとりんみさとりん

でも、もの(者)だけじゃなくて、もの(物)もいっぱいあって、

何がなんだかよく分からないけど、とりあえずバブル・ラップ。

鏡から飛び出して来た全ての者(物)が、泡に包まれた。

 

みさとりんみさとりん

バブル・ラップで包めるって事は、全員が魔星?

由衣由衣

そうとは限らないわ。

ここにはメデューサが、デビル・スターで閉じ込めた者だけでなく、

フェアリー・スターに戻って来てから閉じ込めた者、

つまり何の罪も無い人も含まれているかもしれないわ。

由夏由夏

魔星や魔星の持ち物は、フレアーに汚染されていて、

常時、放電しているから、鏡の中に長い間、いた事で、

フレアーが伝染してしまったのかもしれない。

由衣由衣

少しでもフレアーを帯びていれば、バブル・ラップで包めるからね。

みさとりんみさとりん

じゃ、1人1人調べていくしかないわね。

まずは、この人は?

由夏由夏

その人は、魔星じゃないわ。

みさとりんは、泡を割り、男性を泡から出してあげた。

 

男性A男性A

私は、鏡を持った女にブレスレットを奪われた後、

鏡の中に閉じ込められてしまったのです。

みさとりんみさとりん

あなたの取られたブレスレットの特徴は?

男性A男性A

純金製で彼女の誕生日にプレゼントする予定でした。

「Love to Misaki(愛する美咲へ)」の刻印があります。

みさとりんは、数多くの泡の中から、その条件に当てはまるブレスレットを探し出した。

 

みさとりんみさとりん

あったわ、コレね!

確かに、今、言った刻印があるわ。

みさとりんは、男性にブレスレットを返してあげた。

 

男性A男性A

ありがとうございます。

みさとりんみさとりん

てへっ。

みさとりんは、照れくさそうに顔を少し赤くする。

 

続いて、2人目。

 

デビルデビル

お、俺は、魔星なんかじゃないぜ。

早くここから出してくれよ。

由衣由衣

その者は「デビル」と言って、10人の女性を手に掛けた、

その名の通り、悪魔のような男よ。

魔星じゃないなんて嘘よ。

みさとりんみさとりん

ひどいわね。

もう1度、デビル・スターに戻って自分がやった事を悔いるのね。

シュート・イン。

デビルは、「みさとりん」のポシェットに吸い込まれた。

 

みさとりんみさとりん

私って、なんか裁判官みたい。

得意気に手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする「みさとりん」なのであった。