作業服姿の男性が、息を切らしながら走って来て、道端に座り込んだ。

 

メグミメグミ

どうかしましたか?

弟

ハァハァ、私の工場に強盗が入って来て、

命の危険を感じたので、ここまで逃げて来たんです。

メグミメグミ

それなら早く警察を呼ばないと・・・。

弟

呼ぼうと思いましたが、逃げるのが、やっとでした。

メグミメグミ

じゃ、私が、代わりに通報してきてあげる。

メグミは、曲がり角を曲がると、すぐにスター・シップ内に移動し、由衣から話を聞いた。

 

メグミメグミ

なんかクサイと思ったら、やっぱり魔星の仕業だったのね。

メグミは「みさとりん」に変身し、工場へと向かう。

 

スパイダースパイダー

お、お前は「みさとりん」!

みさとりんみさとりん

外で怯える男性を見て駆け付けたの。

私がいる限り、フェアリー・スターに魔星は栄えないわ。

みさとりんは、誇らしげに手袋をした右手の人差し指で鼻の下をこする。

 

スパイダースパイダー

カッコイイ事言って、後で後悔するなよ。

喰らえっ、スパイダー・ネット。

スパイダーは、蜘蛛の巣を放ち、みさとりんを捕えた。

 

みさとりんみさとりん

きゃっ!

何これ?

スパイダースパイダー

どうだ、身動き出来まい。

蜘蛛の巣が「みさとりん」のコスチュームに絡み付く。

 

みさとりんみさとりん

いや~ん、動けない。

スパイダースパイダー

ハッハッハッ、真の恐怖は、これからだ。

スパイダー・リキッド。

蜘蛛の糸から液体が出始め、コスチュームを伝って流れ落ち、

手袋やブーツの中へと入って行く。

 

みさとりんみさとりん

いや~ん、気持ち悪~い。

スパイダースパイダー

お前の相手は、後で、ゆっくりしてやる。

しばらく、そこで、じっとしているんだな。

みさとりんみさとりん

何をするの?

スパイダースパイダー

ここの工場の連中が、魔星破壊銃という

俺達にとって厄介な物を製造していると聞いて、

銃と、それを作る設備を破壊しに来たのよ。

みさとりんみさとりん

そんな事、させないわ。

バブル・ラップ

しかし、みさとりんの指先から泡が出ない。

 

みさとりんみさとりん

どうしたというの?

泡が出ないわ。

右のイヤリングから由衣の声が聞こえる。

 

由衣由衣

バブル・ラップは、標的に指先を向けないとダメよ。

みさとりんみさとりん

クッ、この蜘蛛の巣が邪魔をして・・・。

次に、左のイヤリングからも由夏の声が聞こえる。

 

由夏由夏

仮面の裏側に貼ってある粘着テープは、

液体が掛かると粘着力が低下してしまうわ。

みさとりんみさとりん

そんな事言われたって、この状況じゃ・・・。

スパイダーは、銃を製造する設備にスパイダー・リキッドの液体を掛け始めた。

 

兄

やめろーっ!

先ほど道端に座り込んでいた男性(弟)が、兄と共に戻って来た。

 

兄

そこまでだっ!

兄が、魔星破壊銃を構える。

 

スパイダースパイダー

それが、魔星破壊銃か!

そいつを渡してもらうぞ。

スパイダー・ネット。

兄

うわーっ!

兄も弟も「みさとりん」と同じように蜘蛛の巣に捕えられ、

その後のスパイダー・リキッドによって、体が液体でベトベトになる。

 

スパイダースパイダー

魔星破壊銃を頂くぜ。

兄

誰が、お前なんかに・・・。

兄は、スパイダー・ネットに捕らえられながらも発砲する。

 

しかし、蜘蛛の巣の為に手元が狂い、

弾は、1トンの鋼材を吊ったクレーンのワイヤーに当たった。

 

スパイダースパイダー

こんな妙な物を作る奴を生かしておく訳にはいかん。

スパイダー・ミイラ。

兄と弟に掛かった液体が、精気を吸い取り始め、兄の方が先にミイラとなる。

 

みさとりんみさとりん

いやんっ。

みさとりんは、目を背ける。

 

スパイダースパイダー

ハハハ、みさとりん。

心配するな。

お前だけは、ゼウス様の所へ連れて行くつもりだ。

バブル・ラップを封じられた「みさとりん」。

 

大ピンチではあったが、先ほど兄が放った銃弾によって、

切れかかっていたクレーンのワイヤーが、1トンの重さに耐え切れず落下。

 

その真下にいたスパイダーの頭に当たった。

 

スパイダースパイダー

グハーッ!

バ、バカなっ!

俺が、こんな所でやられるとは・・・。

魔星とはいえ、1トンの鋼材が頭部を直撃しては、ひとたまりもなかった。

 

スパイダーが、息を引き取ると、捕らえられていた3人は、

スパイダー・ネットとスパイダー・リキッドから解放される。

 

みさとりんみさとりん

ハァハァ・・・、蜘蛛の糸と液体が消えたわ。

そして、みさとりんは、弟に駆け寄る。

 

しかし、この時、仮面の裏側に貼ってあった粘着テープは、粘着力が低下し、

いつ剥がれてもおかしくない状況にある事を「みさとりん」は、知る由も無かった。

 

みさとりんみさとりん

大丈夫ですか?

しかし、時すでに遅く、弟の体は、スパイダー・ミイラによって衰弱していた。

 

弟

わ、私は、

も、もう、

ダ、ダメです・・・。

みさとりんみさとりん

何を言うの。

しっかりして!

弟を心配する「みさとりん」ではあったが、彼女もまた危機的な状況に陥ってしまう。

 

仮面が、とうとう「みさとりん」の顔から剥がれ落ちてしまったのだ。

 

みさとりんみさとりん

キャッ!

みさとりんは、手袋をした両手で素顔を覆う。

 

弟

きっ、君は、さっきの・・・。

みさとりんみさとりん

いやだっ!

見ないでーっ!

みさとりんは、弟に素顔を見られてしまうが、その後、すぐに弟は息を引き取る。

 

みさとりんみさとりん

ダメよっ。

死んじゃダメーッ!

みさとりんは、涙を流しながら、叫ぶが、もう兄弟は、帰らぬ人となっていた。

 

そして、悲しむ暇も無く、警察と職場の仲間達が、工場に到着する。

 

みさとりんみさとりん

いけない。

早くこの場を立ち去らないと・・・。

みさとりんは、落ちた仮面を拾い、急いでスター・シップ内へと戻る。

 

そして、工場の中へと入って来る警察官達・・・。

 

警察官警察官

こっ、これは?

男性A男性A

お、お前達、どうして、そんなミイラの姿に・・・。

男性B男性B

魔星の仕業かっ!

おのれっ、よくも俺達の仲間を・・・。

警察官警察官

しかし、どうした事だ?

魔星も死んでいるぞ。

そして、スター・シップの中で、みさとりんは、仮面を着け直した。

 

由衣由衣

大丈夫?

みさとりんみさとりん

うん・・・。

私は、大丈夫だけど、魔星による死者を初めて見たわ。

由夏由夏

みさとりんにとっては、衝撃的な出来事だったわね。

みさとりんみさとりん

もう、これ以上、不幸な人を増やしたくない。

みさとりんは、これからも、もっともっと気合いを入れて

魔星退治をしていく事を誓うのだった。